夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

お久しぶりです。いろいろ停滞している感じであることをお許しくださいな。


ウディタをいじってて思ったこと:
(幽体離脱のゲームとか作れたら面白そうだよな……ゴクリ……)

- 妄想 -

  • 渡辺にも名倉にも、HPやMPの概念は無い。
  • 渡辺では情報収集などを行う。モチベーションを上げるなどして離脱率の向上に努める。
  • 名倉ではNPの概念が出てくる。何をするにもNPが減っていく。
  • NPの減少レートを減らしたり、NPガムなどの回復アイテム。

  • 渡辺における時間制限は 180日、離脱挑戦として夜に眠るごとに進む。
  • プレイヤーは名倉で起きるイベントを、180日間でできるだけこなしていく。
  • NPが尽きるか、起きていたイベントをひと段落させると渡辺に帰還する(※長期離脱などの例外あり)。
  • 名倉の時間進行と渡辺の時間進行はそれぞれ独立している。名倉で何週間過ごしても渡辺では数日だけ進んでいる。逆もまた然り。
  • 名倉で起きたことが渡辺に干渉したりしても面白そうね。

  • パートナーを自分で選べるようにできる。援護してくれたり、何かと知らせてくれたり。
  • 名倉での行動如何によってパートナーの挙動が変わる(好感度的なアレ)。


どことなーく、現実での行動が制約されそう、という点においてはゆめにっきに似たものを感じるような感じないような。















管理者にだけ表示を許可

トラックバック URL↓
http://rdntway.blog.fc2.com/tb.php/91-31ece529

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。