夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

離脱する予定の当日であれば生活習慣を崩すのは有効かもしれませんが、日常的に生活習慣が崩れているとかえって意味が無かったりするような。


夢を記録する前に二度寝に入ってしまうことが多々ある最近の、頭の中で覚えている夢のシーンとかの記録。

- 見えない壁 - //2日くらい前の夢
夜、自宅の真ん前にある道に立っている。
このまま一直線に進めば、玄関に向かっていき家に入ることができる状態。
道から家に向かって進みだすと、途中で何かにぶち当たってしまい進むことができない。
家の周りの 1m弱に、囲むようにして見えない壁があるようだった。


- よく分からないおばさん - //狐の夢の時見た
もしかして:池田茂美
浴槽に入っている最中。突然風呂場におばさんが乱入してきて、私を追い出し、浴槽カバーをしてしまう。
直観的に「中にまだ狐が入ってる!」と思った私はカバーを取り出し、浴槽内を慎重に探していく(入浴剤のようなものが入っていて、目視では分からない)。
しかし結局狐はおらず、そもそも最初からいなかったのだろうということで落ちついた。


実はこの他にも 2つほどあるにはあるんですが、ぴーとかぴーというような内容でちょっと書きづらいので勘弁してやってください。


…生活習慣戻そうかなぁ。















管理者にだけ表示を許可

トラックバック URL↓
http://rdntway.blog.fc2.com/tb.php/70-858e5f62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。