夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ダイブなるものを多分成功させたことが無いので何とも言えませんが、一応記録。ダイブって結局どういうもんなんでしょうか…

数日前の朝、学校に行くためにバスに乗っている時のこと。
一人用座席で目をつぶってうつらうつらしていると、目をつぶっていて見えるはずのないバスの様子がそこそこ鮮明に見えてきました。
よーく目を凝らすと、視界右上の方に人間の腕と手が映っていました。これがタルパのものかは分かりません(推測ではおそらく違うだろうと思います)。
自分の意識がコントロールできるので、意識を右上に集中して誰の腕なのか確認しようとしましたが、視点が移動しませんでした。残念。
そうこうしているうちに、普通に目が覚めました。


これだけならただの夢のようですが、

  • 今までにないような感じで入っていった点
    あんまり具体的には覚えていませんが、普通に寝た時に見る夢と入り方が違いました。
    これからはすぐに記録を取るよう努力してみます。
  • 自分の意識を反映させようとできた点
    手の主を見てみようと試みた(意識した)ものの、視点は移動しませんでした。
から、少なくともただの夢ではないように私は思います。


何にせよ、珍しい体験でした。これがダイブなのかは不明ですが、今までの中では一番それらしいものでした。いずれ本当の「ダイブ」にたどり着くといいんですが。















管理者にだけ表示を許可

トラックバック URL↓
http://rdntway.blog.fc2.com/tb.php/56-3a0a937f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。