夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

余ってしまった面倒な役割をじゃんけんで決めるときの恐怖感は異常だと思います。で、その恐怖感にのまれた結果負けてしまうんですよね。



ああ、あの時パーを出してたらなー…(遠い目)

そして私は、次は負けるまいと必勝法を探すわけです。


今まで聞いた話だと、

  • 自分がじゃんけんを仕切る
  • 後ろで組んだ手を前に持ってきて覗き込んだ時に見える指の数で決めた手を出す(?)
  • 相手の手の動きを見る
というのがあるようです。


1番目の方法は心理的に働きかける方法で、急に振られた相手はグーを出すことが多いそうです。ただ、連戦とかになっている場合は分かりませんが。


2番目の方法は運任せです。私の友人はよくこれを試しますが、あんまり意味が無いと思います。


3番目の方法はうまくやれば百発百中な方法です。個人的には最も良いんでなかろうかと思います。
じゃんけんで出せる手のうち、指が動くのはチョキとパーのみですから、指が動かなければパー、動けばチョキを出せば勝ちorあいこで終わることができます。


今回、ちょっとした事情で面倒な役割をじゃんけんで決めた結果負けてしまったのですが、肝心の手の動きを見忘れた、っていうのが失敗でした。第三者にじゃんけんを仕切られた、っていうのもありますが…。


タルパがオート化したら一緒に修行することにします。















管理者にだけ表示を許可

トラックバック URL↓
http://rdntway.blog.fc2.com/tb.php/44-9bfaf0cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。