夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

前の記事で書いた“幽体離脱には2種類あるんじゃないか”ということについて書こうと思います。


あくまでも私の考えであって、今後変わるかもしれませんし、常識的ではないです。そういったことでも温かく受け入れてくれるのであれば見るといいと思います。

- 体外離脱 -
そもそも幽体離脱の呼び方も二種類あります。「幽体離脱」「体外離脱」が一般的に使われています。
「幽体離脱」っていう呼び方だと科学的じゃないね、っていうことで「体外離脱」という呼び方になったとかなんとか…。


しかし、私が言いたいのは呼び方の問題ではないです。便宜上書いておいただけです。


- 幽体離脱と体外離脱 -
体外離脱というのが、私のような一般的な挑戦者が成功させようと頑張っているものだと思います。これは眠っている間にしかできませんが、コツさえつかめばできるようになるのではないでしょうか。
体外離脱した先の世界は脳内にあり、現実世界には一切の影響を及ぼしませんし、また現実世界から影響を受けることはあまりありません。せいぜい記憶くらいです。
一方幽体離脱が、いわゆる臨死体験(瀕死の人が、救助されている自分を上空から見ていたり)に近いようなものではないかと思います。
これはどんな場面でもできるはずですが、自分から行うのは難しいはずです。幽体離脱した場合は、感覚的な意味でなく体から意識とか (?) が抜けるような形になり、現実世界を見ることができるのではないでしょうか?


- 幽体離脱と現実世界 -
現実世界は見れるだけで、離脱者が変更を加えることはできないと思っています。つまり、幽体離脱した先(=現実世界)で火のついたロウソクを見ることはできても吹き消すことはできないようなものです。仮に吹き消せたとしても、現実世界ではしっかり火はついたままだと思います。


- 体外離脱と現実世界 -
体外離脱して行きつく先は現実世界ではなく、脳内が作り出した世界です。現実であるはずの物が無かったり、逆に無いはずの物があったりします。やりたい放題やったとしても、現実世界にはなんら影響はありません。


- 幽体離脱と人 -
これは正直自信は無いのですが… 現実の「世界」に影響を及ぼすことが出来なくても、「人」には影響を与えることが出来るのではないでしょうか (これについては、いずれ別記事で書きます) 。


- 結論 -
幽体離脱と体外離脱は、できることは一緒でも行きつく先が異なる。幽体離脱では、現実の状態を知ることが出来る。しかし、いずれも現実世界に影響を及ぼすことはできない。


…と考えています















管理者にだけ表示を許可

トラックバック URL↓
http://rdntway.blog.fc2.com/tb.php/3-991e76f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。