夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

デジャヴ(既視感)は単に「過去にその光景を見た気がする」という錯覚を起こすだけでなく、たまに「その光景を夢で見た気がする」というようなどこで見たのかまでも錯覚させてしまうそうな。


それでも、そんな体験があれば正夢だと信じて過去の夢日記をあさってしまうのです。

- 体験の要約 -
情報の授業で、Excelを扱っていた。その中の「コメント」という機能の説明に差し掛かった時に「(表を)立体的に…」という説明がきっかけとなり、既視感を覚えた。さらに、「過去に夢で見た」と確信。


- 夢日記 -
それらしい記録は現時点では見つかっていない。やっぱりその夢を見ていない(= デジャヴによる錯覚)か、あるいは記録していない(= 正夢である)か。


「夢で見た」という考えはあるにせよ、デジャヴと同じ起こり方だった上にそれらしい記録が残っていない以上、デジャヴであったとして扱うのが適切そうです。夢を記録するのって大切ですね。


最近起きるのが遅くなり、正直夢日記をつけるのが億劫になってきてます。今回のこれを通し、こんなようなことになってもどかしい思いをせぬよう、夢日記はちゃんとつけようと思った次第です。
皆さんもこんなようなことにならないよう、簡単でも良いはずですから、何かと記録してみてください。ブログを停滞させる私が言うのも何ですが。



……自分の中で「デジャヴだ」と結論付けても、それでも探せば記録が出てきそうな気がしてならないなぁ。

2012.01.19 21:27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。