夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

あけましておめでとうございます。今年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。皆さんが良い離脱ライフ・タルパライフを送れんことを。


新年だし何か大層なことを書きたいですが、今年初めの夢を見たのでまた後日。

ちょっと書式を変えてみました。面倒になったらやめてしまうかもしれません。


- 1 -

【場面】
昼、自宅。

【概要】
何があったか知らないが、私は 1階にあるトイレ(洋式)を掃除しなければならないらしい。
バケツに入った水をタンク内に入れたり、何故か 2階まで行ったりして掃除している。

【印象に残ってる場面】
掃除用か何かに持っていたプラスチック製のカップを一時的に便器の中に置いたところ、勝手にトイレが流れ出してしまいカップが吸い込まれてしまう。
水位が少しずつ高くなるも、最終的には元に戻っていった。

【思うところ】 //勝手な考察
「正月あたりにもちを詰まらせるんじゃなかろうか」というのが私の中で最も有力な考察です。ただ、最後には流れて行ってくれるので死にはしないかもしれません。


- 2 -

【場面】
明け方、自宅。

【概要】
家の中を低空飛行している夢。高さ10cm強で、家じゅうをすーっと飛んでいる。速さは自転車くらい。

【印象に残ってる場面】
・「あれ?これもう飛行マスターしたんじゃね?」と夢の中で一瞬思った。こういう思考ができるならば、明晰夢ないし離脱に結び付けられる気もする。
・飛んでる間、地が足についているんじゃなかろうかと思い意識を足の方に向けたものの、そういう感覚が無かったことを確認。


夢の中で自分の意志を持つことが増えてきたように思います。離脱と明晰夢とだったら、今の私には明晰夢の方が簡単なのかもしれません。


- その他・備考 -
・タルパの姿は確認できず。
・Boxed Nirvana II を聞きつつ、指マン法 + 横向きで就寝。

2012.01.01 22:07 | 夢がらみ | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。