夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

私の友人の中で、2人だけが私が体外離脱に挑戦していることを知っています。ついでに、そのうちの1人は体外離脱挑戦者でもあります。


体外離脱しやすくする方法の一つとして、仲間を見つけてみる、というのがあるのではないかと思います。

■この記事を見て友人や知人などにカミングアウトしたら変な目で見られた、ということになっても責任を取りませんし、取れません。


- マルチプレイ -
たいていの場合、誰かしらの協力があった方が心強いものです。作業や、作業する人によってはそうでもないでしょうが…
私の場合、これは離脱についても言える事だと思っています。現に、私が離脱に成功する頻度が高くなったのは離脱仲間を見つけた後ですし、教えた日の数日後に離脱できたりしています。


…というような私の場合の話ばかりですが、離脱の仲間はいても良いと思います。
ただし、教える相手を選ぶことと、決して自分の考えを押し付けたりしないことには気をつけてください。離脱に適切な方法は一人一人違いますから、相手の離脱へのチャンスを潰してしまいかねません。


それから当然のことですが、一人で挑戦しても問題ありません。仲間を作るか作らないかも、人それぞれです















管理者にだけ表示を許可

トラックバック URL↓
http://rdntway.blog.fc2.com/tb.php/10-8a7ae227

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。