夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

/(^o^)\


数学や理科のように答えが 1個に決まってるのなら楽なんですが、国語なんかの「発想力」的なものが必要となる教科は正直面倒です。
が、タルパがいるとそういう面が多かれ少なかれカバーできる気もします。その発想が自分から出てきたのかタルパから出てきたのかは分かりませんが、

考える → 発想出てくる → それに目を向ける → 考える → (以下ループ)

というようなことが続けば(宿題に限らず!)、そのうち堂々とタルパから出てきた発想だ、と言い切れるような時が来るんでしょうねぇ。









宿題やらなきゃなぁ……。

スポンサーサイト

ちょっとごたごたがあって更新する気が起きませんでした、ごめんなさい。

モチベーションが低下している原因の一つ。最近は情報収集を大してしていなかった。スクラップ帳でも読みまくってみようかな…

二度ある事は(夢の中で)三度あった。


現実で2度見学してきた施設に(あまり乗り気ではなかった)、まさか夢の中で行くことになるとは思いませんでした。

記事タイトルの 3つの単語は、白狐魔記 という本に出てきた憑依の種類です (あくまでも、この本の中での) 。歴史や狐が好きなら読むといいかもしれません。児童文学ですが、少年or少女の心を忘れてしまった方でも面白いであろうと思います。


で、せっかくなのでタルパがらみの憑依のことでも。できたことはないので、参考にはなりませんが。

深爪なんてするもんじゃないね

離脱する予定の当日であれば生活習慣を崩すのは有効かもしれませんが、日常的に生活習慣が崩れているとかえって意味が無かったりするような。


夢を記録する前に二度寝に入ってしまうことが多々ある最近の、頭の中で覚えている夢のシーンとかの記録。

7月27の夢日記の続きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。