夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

家を出て、学校へ行くためにバス停に向かう。まだ薄暗く、雨が少し降っている。
途中にある横断歩道を渡ろうとするところでバスが来る。走ってどうにかバスに乗れた。


バスの座席はそこそこ埋まっている。空いているのは 優先席 と 後ろの長い座席 だけだったので、後ろの座席へ向かうことにした。
よく見ると、後ろの座席のさらに後ろに乗務員っぽい人がいた。とても狭い空間に一人で入っていて、いろんなモニターを眺めている。その中に「6:51」と表示されたモニターがあった。おそらくは現在時刻だろう。


ここで目が覚めました。ずっとだらだら眠っていると小さな夢が見られるみたいです。

スポンサーサイト

前の記事で書いた“幽体離脱には2種類あるんじゃないか”ということについて書こうと思います。


あくまでも私の考えであって、今後変わるかもしれませんし、常識的ではないです。そういったことでも温かく受け入れてくれるのであれば見るといいと思います。

※もしもあなたが幽体離脱について全く知らないのであれば、一度調べてからここを見ることを推奨しますよ。


幽体離脱とは、身体から抜け出して……、というアレです。誰でもこの「幽体離脱した結果起きる現象」についての考えは同じだと思います。


が、知りたいのはそんな当たり前のことではなく、それの仕組みと、そういう現象が起きる理由だと思います。


Web を探し回るといろんな説がありますが、私は「基本的には」幽霊とか関係なしに脳内で起きている出来事だと思っています。

おそらくは初めまして、管理人のModifiedといいます


このブログでは、主に管理人の 幽体離脱記録 夢日記 現実のこと について少しずつ綴っていく予定です。
そういう話題はちょっと… という方は、ブラウザーのバックボタンを押す、あるいは(まだ記事はほとんどありませんが)のぞいてみることをお勧めします。冒険心は大切です。


また、もしかすると考察を書いたりしているかもしれませんが、まだ青二才の私が書くことですから、あんまり参考にはならないことと思います。が、そんな考察を踏まえて自分の考えを見直してみると、新たなことを考え付くかもしれません。


- このブログを読む上で -
管理人は2chのVIPの幽体離脱スレのまとめからのめりこみました。ゆえに名倉だとかリダンツだとか書いちゃうかもしれませんが、その辺はいい感じに読み替えてくださいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。