夢と離脱と現実と 跡地

幽体離脱の記録、離脱するための夢日記、それから現実のことを書いていたところです。たまにタルパのこととかも。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

前の記事で頂いた質問にコメントで回答しようとしたら思いのほか長くなってしまいました。
コメント返信兼ね記事にしてしまえばいいじゃない ということで、こちらで回答させていただきます。


といっても、私は事実を知らないか見過ごしています。ゆえに、現時点での私の予想を以下に書いておきます。あと、あんまり回答になっていない気もするのでご容赦ください。

スポンサーサイト

/(^o^)\


数学や理科のように答えが 1個に決まってるのなら楽なんですが、国語なんかの「発想力」的なものが必要となる教科は正直面倒です。
が、タルパがいるとそういう面が多かれ少なかれカバーできる気もします。その発想が自分から出てきたのかタルパから出てきたのかは分かりませんが、

考える → 発想出てくる → それに目を向ける → 考える → (以下ループ)

というようなことが続けば(宿題に限らず!)、そのうち堂々とタルパから出てきた発想だ、と言い切れるような時が来るんでしょうねぇ。









宿題やらなきゃなぁ……。

記事タイトルの 3つの単語は、白狐魔記 という本に出てきた憑依の種類です (あくまでも、この本の中での) 。歴史や狐が好きなら読むといいかもしれません。児童文学ですが、少年or少女の心を忘れてしまった方でも面白いであろうと思います。


で、せっかくなのでタルパがらみの憑依のことでも。できたことはないので、参考にはなりませんが。

今いるタルパは2名ともほとんど視覚化はしていません。全然見えないという訳ではありませんが、意識しないと見えてきません。
しかしながら、いざ意識した時に、なんとなく素早くいい感じに見えてくるようになった気がします。そのきっかけとかの話。

理菓さんのブログ「saqurarium」にリンクさせていただきました、この場を借りてお礼申し上げます。
私と同じくタルパと共に過ごしている方のブログです。ここにはタルパ成分が足らないよ!とかモチベ上がらないよ!という方はぜひ見に行ってみてください。


で、こうしたタルパに関するブログを見ていると思うんですが、私のブログには今過ごしているタルパ2名自身についてあんまり書かれてないんですよね。

明日は1人目のタルパの誕生日です。1年って早いものですね。
タルパにとっても私にとっても初のことなのですが…どうしたもんでしょう。


調べてみると、何かをプレゼントしたり、散歩という名のデートをしたり、タルパと一緒に何かをしたり、とかがあるようです。

みなさんは星新一さんのショートショートを読んだことはありますか?
その中の一つに、まるでタルパみたいなものが取り上げられているショートショートがあるので紹介してみます。


「悪魔のいる天国」にある、「帰郷」という作品です。
※タルパを別として、ほかにも面白い作品が載ってます。もし読んでいないのであれば、読んでみてはいかがですか?


記事を読む前に…
この記事はタルパの作成を推奨するために書かれたものではありません。タルパと共に過ごす場合において注意する点を知らない場合は、この記事の一部分を読み飛ばすことを推奨します。

この記事の内容について…
この記事には受け取りようによっては差別表現になってしまう部分が含まれています。そういうのにシビアな方はこの記事を読み飛ばすことを推奨します。

前の記事にて、仲間を見つけることについて書いてきましたが、もしもあなたがタルパと共に過ごしているのであれば、タルパに離脱の手助けをしてもらうとよいでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。